webライターになるには?どんな仕事?始め方は?

 

多田

こんにちは、webライター養成専門家の多田です。

今回webライターの仕事について、webライターになるためには、そして始め方についてお話していきたいと思います。

 

この記事で得られることは、

  • webライターという仕事の全体像が分かってくる、
  • そして初めの一歩を踏み出す具体的な手順が分かる

ということです。

動画でも解説していますので、こちらもご参照ください。

webライターは2種類ある

webライターには

  • 請け負いライター
  • 自分のブログを作成していく

という2パターンの方法があるんですけれども、まずは請け負いライターについてお伝えしていきます。

請け負いライターは、他人のブログやウェブサイトの記事作成の作業がメインになってきます。

また、メルマガ作成代行なども依頼されることがあります。

あとはセールスレターなどの商品販売ページ、そういったものの作成も依頼されることがあります。

こちらは非常に高単価です。

ただ売り上げに直結する内容ですので、コピーライティングスキルが必須になってきます。

また、私は経験した案件ですとE-BOOKの作成があります。

例えばAmazonなどでkindleで読めるようなE-BOOKなどを作成してくださいと依頼されまして、1万字~1万5千文字を依頼された時がありました。

次は自分のブログ記事作成です。

これもwebライターの1つなのではないかと思っています。

これはwebライターというよりもブロガーと呼ばれて広く認知されています。

webライターになるには資格は必要?

webライターになるには、特に必須の資格は必要ありません。

誰でもなれます。

しかし文章を作成していくスキルは必須になってきます。

ただ、文章力は型を作れば誰でもできるようになってきますので、そこまで難しくはありません。

webライターが仕事を獲得するには?

 

請け負いライターの場合どのように仕事をとっていくのかと言いますと、まずはクラウドソーシングに登録をしていきます。

クラウドソーシングというのは、例えばクラウドワークスやランサーズ、シュフティやサグーワークスなどいろいろありますが、そういったクラウドソーシングサービスに登録していきます。

そこにたくさん仕事の案件があります。

ネット上のハローワークのような感じです。

その中で仕事を見つけて応募していきます。

おすすめロードマップ

私のおすすめなんですけれども、まず請け負いライターのほうからスタートしていき、そこでwebライティングのスキルを上げていくという方法です。

依頼主さんから指示が出ますしマニュアルなどもいただけますので、そこで勉強していくという形がいいのではないでしょうか。

記事を作成すればお金のほうもしっかりといただくことができます。

ある程度できるようになってきたら、ブログを自分で立ち上げます。

ブログを立ち上げた後は、どんなブログでもいいんですけれども、趣味ブログなど比較的書きやすいものを作成していきます。

好きなテーマで記事を書いていき、検索エンジンのGoogleやYahoo!からアクセスを集めていきます。

そこから収益化していきます。

一番初心者向けですと、Googleが提供しているGoogleアドセンス広告というものがあります。

1クリック30円程度ですがアクセスを集めたらそれに比例して収益が増えていきます。

あとはアフィリエイトと呼ばれる広告収入でも収益化としいきます。

私は請け負いライターよりも、自分のブログ運営をメインにやっています。

以上、簡単にwebライターの仕事やwebライターになるためには?そして始め方、私のおすすめパターン、ロードマップをお伝えいたしました。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事を読んでくださったあなたに、月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアル【非公開動画15本】をプレゼントしています。

こちらのリンクからLINE@に登録して受け取ってください。

→月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアルはこちら!

もしリンクから飛ばない場合は、LINEで『@tada1』と検索してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)