webライターはなぜ初心者におすすめな副業なのか?

こんにちは、webライター養成専門家の多田です。

今回は、フリーライター、webライターがなぜ初心者におススメの副業なのかをお伝えしていきたいと思います。

さらにはフリーライター、webライターで稼ぐ第一歩が分かり、具体的に何を行動したらいいか分かるようになりますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

ちなみにこちらの記事は、この動画をもとにしていますので、動画で視聴したい場合は、こちらの動画をご覧ください。

フリーライター、webライターとはどういった職業なのかというと、記事を作成する仕事になります。

フリーライターはフリーランスのフリーから来ています。
ライターや編集者でも、個人でやっている方をフリーライターと言います。

さらにwebライターというのは紙媒体ではない(例えば雑誌や新聞などそういったもの)に掲載するわけではないということで、webライターと言います。

Webライターはブログの記事作成依頼などで今非常に需要があります。

例えばブロガーのゴーストライターやアフィリエイトサイトの記事作成などで募集が多くされていいます。

他には企業の商品レビューなど、いろいろと募集されています。

主にホームページやブログ、サイト、そういったものの記事を代わりに作成してくださいと言われて作成する人、それがwebライターです。

Webライターがおすすめな理由は?

なぜ初心者にこのwebライターがおすすめなのでしょうか。

その最大の理由は特殊な技能を必要としないということです。

プログラミングと比較!

例えばプログラミングとかデザインというのは、やはりそれなりの勉強をしていないとできません。

プログラミングと言うと本当にとっつきにくくよく分からない人の方が多いのではないでしょうか?

私は、HTMLやCSSの名前くらいしか分からないんですけれども、それ以上のことを勉強して、プログラミング言語を覚えていき、コーディングをしていく仕事です。

アプリ開発やツールの作成をするということで今注目なんですけれども、やはりそれはかなりスキルが必要です。

Webデザイナーと比較

あとはwebデザインです。

私も自分でバナー作成をしたり、ヘッダー作成したりいろいろブログを作るうえで必要な基礎的なデザインは自分でやっているんですけれども、プロのデザイナーさんと比べるとやはりそれなりに勉強をしたり、イラストのスキルを身につけたりしなくてはいけません。

ですので、なかなか感性が必要なジャンルになってくるのではないかなと思います。

動画編集と比較

あとは動画編集です。

動画編集も今すごく需要があって、現在YouTubeに動画をアップしている人たちがたくさんいると思うんですけれども、特にYouTuberと言われる人たちの動画はほとんど自分で動画を編集するのではなく、動画編集を専門とする外注さんにお任せしています。

例えば5分から10分くらいの動画だとしたら5000円くらいですとか、そういった形で請け負うことができます。

外国語の文章作成と比較

あとは外国語の文章作成です。

最近はGoogle翻訳などの精度がすごく高いんですけれども、『サイトに掲載するので英語で書いてください』という案件があったりします。

このように、プログラミングやデザイン、外国語の文章作成、動画編集などある程度特殊な技能を求められます。

webライターのスキルはもう学習している?

しかしwebライターはそこまで高いスキルが必要ないというのが特徴です。

なぜかと言いますと、基本的なスキルというのは日本語であり、日本語で文章を作成することができれば可能だからです。

義務教育が中学3年生までで、それ以上の学校教育を受けている人の方が今は多いと思います。

その中で国語の授業はすごく時間をとったと思います。

そういうことが今ここで生きてきます。

作文ができれば記事作成はそこまで難しくありません。

学術的な論文を作成するわけではありません。

むしろ読みやすさ分かりやすさというのが非常に重要になってきます。

ブログに掲載されている文章が学術的にすごく難しい内容だとしたら、読者さんはすぐそのブログを離れてしまいます。

やはりそうなってくると、ブログ運営者としては非常にデメリットになります。

むしろ高校生や中学生が読んで理解できるくらいの分かりやすさが求められています。

webライターの仕事はどこでみつけることができるの?

どこで仕事を見つけるのかと言いますと、クラウドソーシングサービスというものがあります。

聞き慣れない言葉だと思います。

企業がやっているインターネット上のハローワークのようなものです。

そういったネット上のハローワークを運営しているサービスとして、『クラウドワークス』や『ランサーズ』があります。

他にもたくさんありますので、『クラウドソーシング』で検索してみてください。

タスク方式とプロジェクト方式の違いは?

仕事にはタスク方式とプロジェクト方式というものがあります。

タスク方式というのは非常に単価が低い案件になります。

しかし、依頼主と面倒なコミュニケーションをとったり、やり取りする必要がないので、非常に簡単に仕事をこなすことが可能です。

あと比較的簡単で楽な案件がタスク方式にはたくさんあります。

例えばアンケート回答だったり、ドラマを見た感想を500文字で書く仕事などです。

タスク方式で5件くらいやったらプロジェクト方式のほうに移行していきましょう。

ここで気をつけなくてはいけないのは、自分の時間単価をしっかり考えてやっていくということです。

例えば1時間に最低でも500円、700円は切らないようにしたいと思っていても、難しい案件に取り組めば1時間100円以下になってしまう可能性があります。

ですので、今自分ができそうな簡単な案件、単価が低くても簡単そうな案件にチャレンジしていきましょう。

少しずつスキルがアップしていけば難しい案件でも短い時間で達成することができますので、自分の時間単価が高くなります。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事を読んでくださったあなたに、月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアル【非公開動画15本】をプレゼントしています。

こちらのリンクからLINE@に登録して受け取ってください。

→月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアルはこちら!

もしリンクから飛ばない場合は、LINEで『@tada1』と検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)