WEBライター初心者の収入や副業での収入は?平均年収はいくら?

 

多田

こんにちは、webライター養成専門家の多田です。

今回はwebライターをしている人の平均年収や副業収入についてお伝えしていきたいと思います。

さらに、初心者でwebライターをしようとおもっている方がいくらの収入を得られるのかも解説していきます。

 

この記事で得られることは、webライターをやるうえでのざっくりとした収入の目安が分かることです。

動画でも解説していますので、ぜひ参照してください。

フリーランス白書では?

ではwebライターをしている人の平均収入ということで、まずフリーランス白書2019というのがありましたので、そちらを参考にさせていただきます。

  • 200万円未満の方は全体の32%
  • 200~400万円の方は26.9%
  • 400~600万円の方は21.6%
  • 600~800万円の方が8.2%
  • 800~1000万円が5.5%
  • 1000~1200万円の方は2.3%

となっています。

参照;フリーランス白書2019

ということで、多くの方は200万円未満から600万円くらいで70%くらいを占めているということになります。

『はたらいく』では?

また、はたらいくというリクルートが運営しているサイトでは、2014年から2015年のライター・記者・編集者の平均年収と平均月収のデータが記載されていました。

そこでは平均年収が259万です。

平均月収が18万とパートよりは少し高いけれども正社員の一般のサラリーマンより少し低いといった感じになります。

参照元:はたらいく

クラウドソーシングの市場規模は?

参照元:厚生労働省

ではクラウドソーシングの市場規模を見ていきましょう。

なぜこれを見るかというと、はたらいくの2014年と2015年のデータと比べるとだいぶ今の市場規模と違うからです。

クラウドソーシング業界が厚生労働省に提出した資料がありましたので、こちらを引用させていただきます。

こちらは2018年提出された資料です。

実際この統計は矢野経済研究所が推計した2016年時点でのデータなんですが、2014年の段階ではクラウドソーシングの市場は408億円です。

2019年現在では2960億円(予測)ということで、その差5.78倍と伸びてきています。

このグラフを見て分かりますように、とても右肩上がりです。

先ほどのはたらいくが出していたデータが2014年から2015年ということで、2014年のデータが408億円の規模だったんですけれども、今現在は2360億円という非常に大きな市場になってきているということになります。

非常に市場が拡大してきているということは、稼ぎやすい環境になってきているということです。

その理由として多数のクラウドソーシングサービスができてきています。

正直私も知らないものが多いです。

ただやはりクラウドワークス、ランサーズあたりがまだまだ大きいかなという段階です。

ということで、平均値というのは正直あてになりません。

モデルケース

私が出した収益モデルとして算出してみました。

例えば1文字当たり1円で依頼を受けていたとしましょう。

2000文字をだいたい1時間で書いていくという計算でやっていきます。

それ以上書ける人はたくさんいると思いますが、平均をとって2000文字がいいかなということで2000文字にしています。

そうすると時給2000円換算です。

1日当たり8時間労働したとすれば、2000×8時間で16000円、これは1日です。

16000円×週休2日の労働にすると1ヶ月22日ということで、352,000円の収入になります。

352,000円の収入になるんです!!

すごいですよね。

週休2日で1時間8時間労働です。

残業なしのホワイト企業です。

通勤もありません。

1時間2時間、往復3時間は当たり前だと思うんですが、そういった通勤なしでこれくらい稼げるというのがモデルケースです。

ということで私の考えですが、やる環境自体は2019年現在、非常に整っています。

あとは自分がやるかやらないかだけということでしょう。

こういった平均値を見て、やろうかやらないか迷っているのであれば、やってしまいましょう!

副業webライターの月収はどのくらい?

副業でのwebライターの収入ですが、当たり前ですが先ほどのモデルケースより低くなります。

本業ではありませんので、時間による制約がかなりあります。

仮に1日3時間ぐらい行ったとしたら、副業での収入は、webライターに慣れている人であれば1日3時間× 2000円から6000円の報酬になります。

1文字あたりの金額にもよりますが、慣れてくると文字単価の高いものがたくさん回ってきますので、時間単価はこのぐらいかと思います。

逆に初心者の方ですと、記事を作成するのにかなり時間がかかってしまうことが予想されます。

それとは逆に記事のクオリティーもそれほど高くはありませんので、高額案件をこなせるほどでは無いと思います。

初心者のウェブライターが3時間で得られる収入としたら約1000円位なのではないでしょうか?

しかし初心者をどの程度のレベルと定義付ける事は難しいのですが、半年ぐらい毎日3時間ウェブライターの仕事を行っていけば、中堅レベルのスキルは獲得することができますので、先ほども述べたように3時間で2000から6000円は確保できるかと思います。

これを1ヵ月30日として計算すると、60,000円から180,000円の手取りになります。

副業でも本業のレベルまでお金を稼ぐことができるということがとても現実的に見えてくるのではないでしょうか?

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事を読んでくださったあなたに、月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアル【非公開動画15本】をプレゼントしています。

こちらのリンクからLINE@に登録して受け取ってください。

→月収30万円をwebライターで稼ぐステップアップマニュアルはこちら!

もしリンクから飛ばない場合は、LINEで『@tada1』と検索してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)